日本の気候に最適なECOハウス

日本の住まいは、四季と共に暮らせるように、木と土壁で造られてきました。
大きな開口部からの風通しと、土壁の調湿効果により、まるで家全体が自然呼吸をしているようでした。 そのおかげで夏は涼しく快適で、また、100年を超える耐久性を実現していました。

現在では、冬の寒さを克服するために高断熱住宅が主流となり、季節を問わず快適な住まいとなっています。 しかし、地域の気候条件を考慮しない断熱化は住まいを病気にする危険を伴います。 壁や屋根の中で結露水が発生し、土台や柱を腐らせることがあるのです。

私たちのセルロースファイバーの家は、内部結露の防止に自信があります。

理由は簡単です。 空気中の湿気が冷やされて水に変身する前に、外に逃がしてしまうのです。 これは、障子紙に結露水が付かないことと同じ原理です。
また、局所的に冷えた部分には湿気が集まり結露の危険が高まるので、隙間のない断熱化が重要となります。

CFマイスターによる隙間の無い均一な施工は局所的な弱点をつくりません。 セルロースファイバーは東海地区(岐阜、愛知、三重、静岡)の気候に適した、快適で長持ちなECOハウスを実現します。