Q3.セルロースファイバーの防火性能は?
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

セルロースファイバーは、混和するホウ酸・ホウ砂の働きにより、万一の火災の時でも、炎が急激に燃え広がる危険がありません。→ホウ酸・ホウ砂の役割を詳しく見る。

また、一部の発泡系断熱材のように有害なガスを発生したり、熱で溶けることが無く安心です。

CFマイスターのセルロースファイバーは、財団法人 建材試験センターの試験 (JIS A 9523) により、難燃3級の性能が証明されました。

防火地域への対応は、耐火面材やサイディングを併用することにより可能となります。

←Q&Aリストに戻る